脂肪溶解注射 カベリン

強力部分痩せ 脂肪溶解注射

脂肪溶解注射とは、薬剤を注入することで、注入する部位の脂肪細胞を分解する施術方法です。
分解された脂肪細胞は体外に排出されるため、気になる部位の脂肪を集中的に減らすことが期待できます。
なかなか痩せづらいホホやアゴ下の脂肪も、脂肪細胞そのものを減らしていくことができるため、リバウンドも起きにくい効果的な顔痩せの治療になります。

こんな方におすすめ

  • ほほ、顎下、輪郭のたるみを改善したい
  • ばれずに部分痩せしたい方
  • なるべく痛みや腫れを出したくない方
  • 脂肪吸引やメスは使いたくない方

カベリンとは

日本の厚生労働省にあたる米国FDA認可の医薬成分「デオキシコール酸」を主成分とした新しい脂肪溶解注射です。
デオキシコール酸とは脂肪細胞膜を直接破壊して、中性脂肪を取り除く効果があるといわれています。
カベリンにはこのデオキシコール酸が従来の脂肪溶解注射BNLS Neoの約5000倍の濃度である0.5%と高配合されているため、高い効果が期待できます。

また痛みや腫れを抑える成分も配合しているため、ダウンタイムも最小限に抑えることが可能です。
痛みが心配な方や忙しくてダウンタイムが気になる方におススメの薬剤です。

商品詳細

  • 日本の厚生労働省にあたる米国FDA認可の「デオキシコール酸」が主成分
  • 主成分である「デオキシコール酸」が脂肪の乳化を増進させ排泄を促進
  • BNLS neo 5,000本分のデオキシコール酸を配合
  • 脂肪の分解・排出に効果的な「Lカルニチン」、「アーティチョークエキス」も配合
  • 従来の痩身注射に比べ、痛み・腫れが少なくダウンタイムも最小限に抑えます

施術部位

・額、鼻 2cc
・こめかみ 2cc
・頬骨部 1~4cc
・頬(法令線付近) 1~2cc
・口角 1~4cc
・フェイスライン 1~8cc
・あご下(二重あご) 3cc~8cc

【BODY】
・二の腕(片側) 3~8cc
・脇肉(片側) 3~20cc
・背中 8~24cc
・腹部 8~24cc
・ヒップ(片側)8~24cc
・太もも(片側) 8~24cc
・ひざ(片側) 2~8cc
・ふくらはぎ(片側) 4~16cc

※各部位の必要本数の目安(標準体型の方)は下記のとおりです。実際に必要な本数には個人差がございます
※診察により必要注入量が増減する可能性が御座います
※医師の判断により、脂肪量の多い方は目安量よりも多く必要な場合もございます

よくある質問

Q:施術後腫れはどのくらいで落ち着きますか?

A:1日で落ち着く方がほとんどです。

Q:効果が出すぎてこけることはありますか?

A:1回ずつ経過をみながら行いますので、大丈夫です。

Q:何回くらい回数、どのくらいの頻度で必要ですか?

A:カベリンは注入部位、脂肪量、個人差がありますが,週に一度、投与回数が多いほど、効果は感じやすいです。

Q:施術の間隔は1週間と伺いましたが、もう少し間隔をあけて打ってもらうことはできますか?

A:間隔をあけて注射することも可能です。繰り返してより効果を高めるにはなるべく1、2ヶ月以内に注射すると良いでしょう。

Q:BNLSNEOとどう違いますか?

A:カベリンの方がBNLSneoより脂肪燃焼作用の強いデオキシコール酸が多く含まれており、より効果が出やすくなっています。

カベリン

カベリン 1本(1㏄)
税別 8,000円
局所麻酔
税別 3,000円
麻酔クリーム
税別 3,000円
内出血を抑えるマジックニードル
税別 5,000円
極細針
税別 3,000円

  1. オーダーホームピーリング

  2. PCE Medical Artmake

  3. 脂肪溶解注射 LINE Fit

  4. 脂肪溶解注射 カベリン

    脂肪溶解注射とは、薬剤を注入することで、注入する部位の脂肪細胞を分解する施術方法です。 分解された脂肪細胞は体外に排出されるため…

  5. ほくろ除去

  6. 4D HIFU

    HIFUとは

  7. 目頭切開

  8. 二重と目元の処置

    目元は、顔の印象を大きく特徴づけるものです。目力といったエネルギーを与えるパーツでもあります。 一つしかない、大切なお目元で…

  9. 脂肪溶解注射

    ダイエット注射…

  10. ヒアルロン酸注入

  11. あご形成

    あご形成術では、ヒアルロン酸を挿入・注入し、後ろに引っ込んだあごを適当な位置に戻す施術を行います。「美しい顔」といっても様々ですが…

  12. 【肌質改善】生ピーリング

  13. 美肌リフト

  14. ボツリヌス注射

    ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で、アセチルコリン分泌阻害のために一過性の筋肉麻痺を生じさせます。 以前から、眼科…

  15. 涙袋形成

    涙袋形成は、ヒアルロン酸注射で目の下のふくらみを形成する施術です。 お客様によって理想の形が異なるので、丁寧なカウンセリング…